洗濯機で洗える布団の選び方・容量ごとの重さの目安を知ろう

      2017/05/21

布団を洗濯機で洗いたい。何kgまで?羽毛布団も大丈夫??

汚れたら洗濯機で洗える布団はもう珍しいものではなく、扱いのある寝具店でも常に一定の人気があるようです。

自宅の洗濯機で洗える布団とは、一体どんなものでしょうか。洗濯機の容量があれば、または薄くて軽いお布団ならどんなものでも大丈夫なのでしょうか?

今回はそんな自宅で洗えるお布団の選び方や、重さの目安について書いてみます。

 

 

そもそもなぜ布団を洗うのか?

お布団を自宅で洗いたいという需要は、近年徐々に増える傾向にあるようです。

Google検索数の推移

 

お布団を干すだけでなく、洗いたい理由は何でしょうか。実際に検索してみると、

  1. カビダニアレルギーが気になる
  2. 長期間使って汗や皮脂のにおいが染みついている
  3. 飲みものをこぼした
  4. 子どもがおねしょする
  5. ペットがいるので汚れやすい
  6. 使う時間の長い介護用のお布団を清潔に保ちたい

などの理由を見つけることができました。

たしかに子どもやペットがいるとお布団は汚れやすいものです。ねこなんてケホケホいっていきなり吐きますしね。

汗っかきの人も、布団をときどき洗濯機で洗えれば気持ちよく過ごせます。

 

 

何kgの洗濯機でどれくらいの重さの布団まで洗える?

洗濯機にはそれぞれ洗える最大容量があり、kgで表示されています。

でもたとえば、容量7kgの洗濯機で7kgのお布団が洗えるかといったらそうではないんですね。

まあそもそも7kgもの重さの布団が存在するのかどうかわかりませんが。

それぞれの洗濯機の説明書に洗える布団の重さが書いてあるはずですが、この重さは、実はメーカーによっても微妙に異なっています

メーカーAの7kg対応の洗濯機で1.8kgのお布団が洗えたからといって、メーカーBの同じ容量の洗濯機でも洗えるとは限らないんです。

下のリンクはネットの布団屋さんの商品紹介ページなのですが、このページの中ほどに、 洗濯機容量ごとの「洗えるふとんの重さ」対応表が載っています。

洗える布団 (ダウンエッセンス2枚合わせ掛け布団) シングルロングサイズ (150×210センチ) 【オールシーズン使用可】【掛け布団】【日本製】【布団ふとん・寝具】【送料無料】【アレルギー対策】【windowbird】【ポイント10倍】

 

これはこの布団店(ウインドバードさん)の調査ではなく、各メーカーがテストした結果をまとめたもののようです。

これによると、一番対応力のあるのは日立、次いで東芝、シャープ、パナソニックの順に重いお布団まで洗えます。

1.8kgのお布団を洗うのであれば、目安になるのは日立は容量6kgから、その他のメーカーは容量7kgからのようですね。パナソニックは1.5kgまでのものしか洗えません。

また、この表ではドラム式洗濯機でも洗えることがわかりますが、今回調べた限り、多くの布団屋さんなどのサイトではたて型の洗濯機で洗うことを勧めていました。

 

洗濯機で洗いやすいのは2枚合わせの布団

それでは、洗える布団がどんなものか具体的に見てみたいと思います。掛布団、羽毛布団、敷布団の順に行きますね。

先ほどのウインドバードさんが「洗える布団の専門店」ということで、このお店の商品を例にとってみていきます。

ウインドバードさんのサイトは楽天にしてはページ構成があっさりしていて見やすいというのもあります。もちろん他のふとん店にも、洗える布団はたくさんありました。

 

まずこちらがシングルロングの掛ふとんのページ。

洗える布団 (ダウンエッセンス2枚合わせ掛け布団) シングルロングサイズ (150×210センチ)【windowbird】【ポイント10倍】

 

これは2枚合わせになっている掛布団です。洗える布団の場合、合わせになっていれば1枚ずつ分けて洗うことができて、厚みのあるお布団でも家で洗うことができます。

ただ2枚合わせのお布団は、洗濯1回分のタイムラグが出るのと(それは大したことないか)、干す場所も2枚分必要なのは頭に入れておきたいところ。

ウインドバードさんの洗える布団では、掛布団、敷布団それぞれにシングルロング~キングロング、ジュニア用、介護用の各サイズがあります。

ページの中ほどにある縦長のリストのほうがわかりやすいですね。さきほどの洗濯機対応表の下のほうです。「洗える布団シリーズ 一覧」というところ。

こちらは東洋紡の2枚合わせ。[肌掛けふとん]約1.38kg [合掛けふとん]約1.49kg という表示になっています。2枚一緒には洗えませんが、1枚ずつだと洗える重さになりますよね。

 

洗濯機で洗える羽毛布団

羽毛布団にも洗濯機で洗えるふとんがあります。材料の羽毛の段階で撥水加工を施したものです。羽毛ファクトリーすやすやさんを例にとってみますね。

実際に洗ってみた方の感想を引用しますので、興味のある方はリンク先のお布団をチェックしてみてください。

とても良い商品です☆
グースの羽毛しか使った事がなく、ダックは不安でした。
比べてしまえば、暖かさに違いはありますが、2枚合わせだし、オールシーズン大活躍してくれそうで、嬉しいです!
臭いはかなり気になりましたが、数日風に当てながら、部屋に出しておいたら、慣れと共に気にならなくなりました。
オネショ後、洗濯もしました。
説明書通りにやれば、何も問題ありません。
化繊より洗いやすく、助かりました。
手頃で扱い易い、大変良い商品を、ありがとうございました(≧∇≦*)

ウォッシャブルでこの品質は十分!
結婚当時ボーナスをはたいた羽毛布団を10年以上使用していましたが、家を改築したところ、機密性が高まったためか?保管状況が悪かったのか?この夏の猛暑でなんと!かびてしまいました!!ついに買い換えねば!と、ネットであれこれ検索し、羽毛布団の基本知識を確認した上で、「洗える」機能と「品質」のバランスを勘案してこちらに決めました。
関東在住で、今週は急に寒くなりましたが、まだ毛布は要りません。2枚合わせの為か、自分の体温を布団全体の空気でふんわりと保ってくれる感覚があります。生地も心地よいのでカバーをつけたくないくらいです。
試しに1枚買いましたが、非常にリーズナブルだったので、息子用にも買い足します。
※他の方が書いている「家庭で洗えない」という表示は一般羽毛布団用の説明です。でも紛らわしいですよね・・
≪2012年追記です≫あれから何度も洗濯しましたが、目立った劣化はありません。最初に洗った時は小さく寄ってしまい、「みずぼらしい~!大丈夫?」と思いましたが、干しているうちにふかふかに復活します。ただ、最近、洗濯後に1~2枚程度の羽が出てきます。このくらいなら耐性強いと思います。

上がダック、下がグースのお布団のレビューから抜粋しました。レビュー数は多くても、実際に洗ってみた人の書き込みはこのお二方だけでした。まあ当たり前ですけど、ちゃんと洗えてますね。

 

洗濯機で洗える敷布団

今回調べた限りでは、洗濯機で洗えるお布団には、かさの大きそうな掛布団よりも、むしろ敷布団のほうが種類が少ないような感じでした。

おねしょなどで汚れやすいのは敷布団のほうではないかと思うのですが、敷布団はしっかりした厚さと重さが必要なので、洗濯機で洗うのは少し難しいのかもしれませんね。

そんな中で見つけたのがこちら。先ほどのウインドバードさんの商品です。

商品画像の左下にある繊維状のものがキラキラ光っているイラスト。これが三次元スプリング構造体ブレスエアーだそうです。

別の製品画像を見るともっとよくわかります。

似た感じのものをどこかで見たことあるなと思ったら、フライパンなどの細かいところを洗う用の固いスポンジとかがこんな感じです。

このブレスエアーのマットが真ん中に入っているから、それを抜けば敷布団でも洗濯機で洗えるというわけですね。そしてブレスエアーはシャワーなどで洗うと。

洗濯方法などの「よくあるご質問集」もページの中ほどにまとまっているので、読むと理解が深まるでしょう。

この製品にはレビューもたくさんついていました。

満足です。
レビューにもあったとおり、一枚でも薄くなく、ちょうど寝られました。家族が、ほこり、だにに弱いのですが、この布団はバッチリです。うちは、咳する事なく眠っています。
これから布団は、こちらで買いたいと思います。

 

寝心地最高です
丸洗いできるため購入しました。
寝心地はさほど期待していなかったのですが、購入すると寝心地の良さに驚きました。自分用に購入したのですが、慌てて家族用も購入しプレゼントしました。最高の布団に出会えました。本当におすすめです。

 

今まで固めの布団で寝ていましたがこれは適度に弾力があり体に負担が少なく腰痛にもいいようです。買って正解だったと思います。

495件の感想の中から、きょう(2017-02-14)の時点で一番新しい3つのレビューを抜粋しました。それぞれ星5、星5、星4でした。

 

 

洗濯機で布団を洗うときに必要なもの

洗濯機で布団を洗うときには、液体洗剤を使うか、粉の洗剤でも一度ぬるま湯に溶かしてから使うと、洗剤がムラにならずに良いそうです。

また布団が丸ごと入る洗濯ネットは必須。筒型よりドーナツ型のほうが、そして目の粗いほうが、水が出ていきやすくていいようですよ。
洗濯ネット | 洗濯ネットMサイズ【大物洗い用】【日本製】【布団用】【毛布】【ゆうメール便対応】

 

 

洗濯機で洗える布団・羽毛布団まとめ

今回は洗濯機で洗えるお布団の重さや具体的製品などについてまとめてみました。

羽毛布団にも洗えるものがあるのは今回初めて知りました。

自分自身にとってはまだ考えるのが早いことなんですが、今回こういう製品のことを調べてみて、介護の不安が少しだけ薄れたなという気もしています。

もしこの記事が今現在介護をなさっている方をはじめ、粗相盛りのお子さんやペットと暮らしている皆さんのお役に立てれば幸いです。

 

 - 寝具, 通販サイト