OKIPPAが欲しい!これは宅配ボックスより数段便利そうだぞ

   

賃貸でも使えるOKIPPAなら、二度と再配達依頼をしなくていい

これまでの個人宅向け宅配ボックスよりも超コンパクトな、配達予定時だけドアに下げておく、ポータブル宅配バッグ的な新商品が出てきました。

その名もOKIPPA(おきっぱ)。

宅配バッグOKIPPA

このOKIPPAを作ったメーカーでは、これを置き配バッグと呼んでいて、折りたたみのバッグをワイヤーでドアノブなどに吊るしておき、配達員さんがそのバッグを広げて荷物を入れて行ってくれるシステムです。

大きな宅配ボックスより格段に手軽で使い勝手がよさそうな製品ですよね。

OKIPPA収納時

これなら僕が住んでいる賃貸アパートでも気兼ねなく使えます。ドアに吊るしておけばいいだけですから。

そしてこのOKIPPAがすごいのは、Amazonや楽天ほかの通販サイトと提携しつつ、ヤマト・佐川その他の運送会社とも提携、さらに使う上ではアプリ連携方式で、印鑑の用意も要らないっぽい。

これはただの宅配ボックスを袋に替えただけのやつじゃない。気になる…!

というわけで、この超絶便利そうな新製品、OKIPPAについて調べました。

 

宅配ボックスとOKIPPAを比較した時のメリット

OKIPPAを宅配ボックスと比べたとき、どのようなメリットがあるのか。

まあ見ただけでコンパクトなのはわかりますが、それ以外にも有利なポイントがありました。

小さい。小さすぎ。簡単すぎ。

圧倒的にコンパクト。使用時のみの出し入れも簡単で、賃貸住宅の廊下スペースでも他人の邪魔にならない。手軽さが段違いです。

 

なのに大きい荷物が入る。

折りたたみのバッグなので、受け入れ荷物のサイズに制限のある個人宅用の宅配ボックスより、かなり大きい箱まで入ります。

展開時は 120サイズ(宅配会社大箱32cmx46cmx29cm とネット通販会社の平箱が重ねて入る大きさ)がすっぽりと収納できると。

OKIPPA収納サイズ

 

安い。

折りたたみバッグなので、市販の個人宅用宅配ボックスよりずっと安いです。

 

内部に印鑑とかが要らない。

OKIPPAは、既に大手の通販サイトや配送会社と提携していて、荷物が配達された際にアプリに配達完了のお知らせが届く仕組みです。宅配ボックス内に認め印などを用意する必要もありません。

ショッピングサイトは現時点でAmazonと楽天、ZOZOTOWN、ユニクロに対応済み。

運送会社はヤマト運輸、日本郵便、佐川急便、西濃運輸、Amazonデリバリープロバイダ、楽天エクスプレスに対応済み。

だから配達員さんが間違いなくOKIPPAに荷物を入れてくれる安心感があります。

 

今回OKIPPAのことを調べて一番感心したのが、実はここです。

個人宅の宅配ボックスへの納入はかなり一般的にはなってきていますが、現状では個々の運送会社の裁量で行っている部分なので、OKIPPAのこの発送から配達完了までの全過程の公式連携っぷりは正直言ってすごいです。

 

OKIPPAで通販は具体的にどう変わるのか?

OKIPPAはもちろん不在時の荷物受け取りを目的とした商品ですが、必ずしも外出時に使うと決まってるわけではありません。

僕はむしろ部屋にいるときにも積極的に使いたい

誰だってそうだと思います。

「配達予定日は朝からおちおちコンビニにも行けない」とか、よくありますよね。

実際、自分の場合は「トイレに入っている間に配達が来るんじゃないか…」と思って気が落ち着かないこともあります。

でもこのOKIPPAをぶら下げておけば、家にいても入浴もできるし、コンビニに行ったり昼寝もできるし、まあまあ見れる部屋着に着替えて待ってなくてもいいのも助かります。配達員さんと顔を合わせなくてもいいので、髪も整えなくていいし、家用の眼鏡が汚れていたとしても平気!

配達時間帯を指定したうえでその時間に家にいないなどという無茶をしても、良心の呵責を感じずに済みます。

あと、万が一不在票が入っていたとしても、電話からではなく、アプリから簡単に再配達依頼ができるようなので、こちらも格段に便利というか、心理的な負担がないです。

okippa

配達中の商品の追跡もこのアプリ画面からできます。

OKIPPAを使えば、通販でいちばん時間が無駄になり手間がかかる部分が簡単になり、かつ気持ちの部分の負担もなくなって、ストレス低減ができること間違いなしです。通販環境が一変しそうな新製品ではないでしょうか。

もちろん、配達員さんの無駄な仕事も減らせますし。

 

OKIPPAは現時点では公式サイトと楽天で買える

現在、OKIPPAは公式サイトと楽天市場の2か所で入手可能です。

公式サイト:

楽天の公式ショップ:

実証実験では再配達率が50%越えから16%まで減ったというOKIPPA、今後普及していきそうですし、自分でも欲しい!と思いました。これから同種の製品も出てくるかもしれませんね。

※記事中の画像は公式サイト(https://store.okippa.life/)から引用させていただきました。

 

 - 通販サイト