消したい記憶 ブログネタその21~30

      2017/04/01

ブログ

ブログや日記のネタが思いつかないときのヒント第3回

こんにちはRenです!今日はブログのお題を提供する第3回、30個目までをお届けします。

それぞれのお題から連想することがあったら、そこを掘ってみましょう。そういえば…と忘れていたなにかが溢れ出てくるかもしれません。

 

21.今日初めて知った言葉

日々新たに言葉が生まれています。

人が一年間に耳にする新語ってどれくらいあるのでしょうか?数十個以上はきっとありますよね。

新語ではなく、単に知らなかっただけの言葉なら、世の中には星の数ほどあるわけです。

僕も毎日のようにそんな言葉に出会います。中にはすぐに忘れてしまい、聞いたことあるけどどんな意味だっけ、と思う単語もあります。

  • レントシーキング
  • ジェントリフィケーション
  • クロスドミナンス
  • ヒーラ細胞

最近聞いたのはこんな言葉たちです。そして昨日初めて耳にしたのが、おむつケーキ。検索してみてなるほどと思いました。

みなさんおむつケーキって何だか知っていましたか?

 

 

22.消したい記憶

僕はわりといやなことはすぐ忘れてしまうほうなんですが、それでも思い出すたびに腹が立ったり後悔したりしてしまう過去の経験は少なくありません。

他人と衝突してどちらかが深く傷ついてしまった、そんな経験のせいで、人と関わるのがおっくうになったり、怖くなったりすることも多いでしょう。いつまでも心を重くするような記憶はきれいさっぱり消せたらいいですよね。

 

また僕自身もそこから自由だとは言い切れませんが、世の中には幼少期のトラウマが尾を引いている人がたくさんいます。

苦しみの湧いて出る泉のような記憶を自分から切り離せば、精神的にもポジティブになれるかもしれません。

そんな夢想的なリセット願望って、僕の中にも根強くある気持ちなんですが、でもどうやってもリセットできませんよね。

消したい記憶の上にしっかり現実的な足場を組んで、重たい荷物のなるべく重たくない抱え方を学習していくしかないのかなと思います。それができた時、消したい記憶が消さなくてもいい記憶に変わるんじゃないかな。

とりあえず、それを穏当な方法で成し遂げた人たちがいくらでもいるのを知ることからできるといいですし、そんな人たちが書いたブログがいくつもあるはずです。

 

 

23.○○年前に戻れたら

過去に戻れたら、ということも僕はよく考えます。

僕はタイムマシンがあったら未来よりも過去に行ってみたいタイプの人間なんです。

高校生だったころに戻ってもう一度街を歩いてみたいとか、物陰からこっそりいまの半分の年齢の自分を観察したい気持ちがあります。当時の本屋にも入ってみたいですね。

さらに時代をさかのぼって自分が生まれていないころの地元の様子も見てみたいし、戦後、明治、江戸時代の生活を覗いてみたい。

でもどの時代に行ってもスマホは使えないなあとか、服や髪型を時代に合わせないと怪しまれそうとか、言葉遣いが変だとか思われて、なんだかんだで最終的に捕まっていぢめられる結末しか想像できないからつらい。

 

 

24.取ってみたい資格

資格マニアじゃないんですが、業務として使うわけじゃない資格を取ってみたいと思うことが僕にはあります。

独学でできて、参考書1冊とか、運転免許の学科試験くらいのハードルだったらちょうどいい。その点、電工2種とか魅力的なんですよね。

あと花火師。僕が中学生くらいの頃には、補助的な作業をする低位の資格なら講習だけで取れる面白い資格として紹介されていましたが、今はもう経験のない一般人がいきなり取ることは無理みたいです。ロープの向こう側に入れるというだけで欲しかったんですが。

資格の勉強って一定期間必要なので、ブログに勉強日誌として記録していけば、同じ資格を目指している人は読みに来ます。

 

 

25.好きな人のタイプ

異性でも同姓でも、恋愛でも親愛でも尊敬でも。

自分の中で恋愛対象として好きなタイプがかろうじてあったのって、僕は20代の初めごろまでだったような気がします。つまり見た目や性格の類型を通して女性を見ていたのは(今でもそれがないとは言いませんが)。

それ以降は偶然の導きというか出会い頭というか事故というか、そんな感じで恋をしていましたね。皆全く違うタイプの女性です。

でも今あらためて振り返ると、共通している要素がなくもないような気もします。

なんだか大人びているというか、色っぽいところがある人にどうやら僕は惹かれてきたようです。あとは我が道を行く感じとか。

強さのある女性が僕は好きなんでしょうね。強い女性とか強い女とかいうと、少なくとも僕の中では全然違うんですが。なんか勝手に生きてる人が好きなんですよね。

 

 

26.社会貢献のために自分にできること

社会貢献というと、意識高い創造的な仕事を通して多彩な人脈を巻き込んでソーシャルソリューションでおわわわわという時期が、僕にもありました(嘘。ほんとうはない)。

僕が関心を持っている社会問題は、第一に貧困です。第二はとくにないけど。

まあ僕自身が現在進行形で貧乏でもあるので、他人事ではないわけです。とくに子供の貧困が気になっています。

でもそれを社会的に解決する手段は僕にはありません。また企業家としてそれに乗り出す決心もいまのところはありません。

そこで何ができるか、それはもう、ひとつしかない。

銭や。銭やで。

それか、飯やで。

(…ふたつあるやないか)

善意の子ども食堂もありがたいことだし、またそのほかにも全国各地にフードバンクってのがあるんですよ。知らない人も多いと思うので、試しにお住まいの都道府県名+フードバンクで検索してみてください。余っている食品を集めて児童養護施設などに分配している団体です。

いつかのタイガーマスクの伊達直人じゃないけど、せめて40歳までに、年に1度はこういうところにブツを届けられる(コメやで)大人になろうと僕は思っています。

そしてそんな決意をブログに書けば、それが後押しになって最初の一歩を踏み出せると思うのです。

 

 

27.自分で撮った写真から

昔撮った写真をブログに貼って、その時の思い出を語ってみましょう。

まあ顔バレ、地元バレを避けようとすると使える写真も限定されてきますが。

(30分が経過)

デジカメフォルダの写真を眺めていたら、ブログ書いてたことをすっかり忘れてしまった。

というか写真を見てて思い出すことは多いけど、すぐ書けそうなことってあんまりなかった。10年ってこんなに昔か、と思ったり、もうないお店や建物も多いなと思いました。おわり。

 

 

28.最近調べて解決できた疑問

PCでブログを書いていると調べ物もすぐできるからいいですよね。

僕はワードプレスを使っていますが、こんな機能なかったっけと思った時にはすぐに便利なプラグインやその設定方法などを検索できます。

ブルーレイドライブを買ったけど映らないぞ、なんでだ?という状況になったときにも、検索してすぐに解決できました。

でもそれは、僕よりも前に同じ状況に陥った人が書き残した情報があったからですよね。

だから些細なことでもなにか問題を解決できたときは、その「わからない→調べた→解決した」という流れをブログに書いておくと、それを求めて検索から人が来ます。

僕のブログでも、そんな記事には常に一定のアクセスがあります。

 

 

29.わたしの住環境のいいところ

住んでいる場所のいいところを書いてみましょう。なかったら無理にでも探してみましょう。

僕の住んでいるところは主観的にはいいところなんだけど、実際のところ田舎町のわりには家賃が安いわけでもないし、図書館は小さいし、大きな本屋もなくて映画館も遠いし、ツタヤはレンタルCD置いてない。まあ静かで空気が美味しいくらいですか、あえて探せば。

朝は近所でニワトリがないて、それを聞いて犬もほえる。夕方にはお寺の鐘もなり(録音だけど)、秋になれば柿も食う。

食べ物屋はマックとチェーン店の鮨屋とうどん屋くらいしかないけれど、そう遠くもない実家まで飛べば、家庭菜園の野菜を貰える。

実家の周囲には畑も多いから、近所の人と貰ったりあげたり、融通しあってもいるんだ。

田舎だけどヘビは見かけないし、葉っぱの裏を探せば毛虫もいるし、自分で作ったエサ台に米粒を載せていてくれる小学生もいるので、引っ越してきても子育てしやすい環境ですよ。

 

 

30.今日はここに行ってきた

ブログで一番書きやすいのはこの種の記事ですね。今日あったこと。日記。

食べ歩きとかが好きな人だったら、こういうのはブログの軸になりますよね。

「近所に新しいバーができたから行ってみた」とか。

「想像以上のおいしいお酒と料理でいい時間を過ごせた。これはいい隠れ家ができた」とか。

でも僕の町にはくら寿司しかできないから隠れられない。

 

ブログのネタ提供第3回・その21~30まとめ

今回はブログのお題の21個目から30個目をお届けしました。ソリッドな情報が全くない記事って、書いてて楽しいです。

 

ブログネタシリーズの関連記事

 

 - ブログ