測量野帳カバー3種類・オロビアンコとのコラボもあるぞ

   

測量野帳のおしゃれなカバーとダイアリーを紹介します

コクヨの測量野帳は手ごろなサイズ、しっかりした表紙に書きやすい紙質で、普段使いのメモ帳としても人気です。

今回はその測量野帳のカバーを紹介します。

オロビアンコや藤田勝治とのコラボモデルが狙い目ですよ。

 

測量野帳のサイズ

測量野帳にはバリエーションがいくつかありますが、メインの測量野帳は大きく分けて4タイプ。

測量野帳・耐水タイプ・ブライトカラー・再生紙版の4つです。

このうち標準の測量野帳と再生紙版はサイズが同じなので、全部で3種類のサイズがあることになります。

微妙な差ですが、それぞれ以下の通りになっていますよ。

 

測量野帳 / 測量野帳 (再生紙)
165×95×6mm 40枚

測量野帳 耐水タイプ
166×96×3mm 24枚

測量野帳 ブライトカラー
166×94×7mm 30枚

 

枚数によって厚さが違う以外にも、それぞれ微妙に縦横の長さも違っています。

縦の長さは165mmか166mmでわずか1mm差なので、カバーをするにしても問題になる差ではないですね。

横の長さは一見ばらつきがあるようですが、厚みのある野帳ほど幅が短くなっています。

横をそれぞれ2倍して厚みを足すと、196mm、195mm、195mmでどれもちょうど同じくらい。

つまりどのタイプでもカバーに必要な幅は(1冊分であれば)ほぼ一緒になっています。

 

以下、カバー3商品とオロビアンココラボのダイアリーの紹介です。

Orobianco 野帳カバー ファスナー付き

コクヨとオロビアンコのコラボによる測量野帳カバーです。測量野帳を2冊収容できます。

簡素な測量野帳もファブリックと牛革のカバーで一気におしゃれで華やかになります

色はブラック、ネイビー、ゴールド、グレーの4色。

調査時の価格は5400円でした。測量野帳1冊が付属します。

 

 

trystrams 測量野帳用カバー SHOJIFUJITA

お次はコクヨのtrystrams(トライストラムス)のSHOJIFUJITAコラボです。

目を引くのは6角形をモチーフにした造形。同シリーズではペンケースなども展開しています。

持ち運ぶときノートの外側にペンが露出しないよう、ペンホルダーも内側に配置されています。

こちらも2冊の測量野帳が収容可能。1冊が付属します。

 

 

trystrams 野帳カバー WAPO

こちらがtrystramsの野帳カバーの標準タイプ

2冊収容可能でノート1冊付属というところも上記2商品と同じですね。

WAPOという和紙のような樹脂の表紙で、内側がフェルト貼りです。

画像の色はブラック×ライトブルー

ほかにはブラック×オレンジ、シルバー×パープル、シルバー×イエローがあります。

 

 

trystrams マンスリー 野帳タイプ オロビアンコ・エディション

こちらもオロビアンコとのコラボ製品。測量野帳タイプの2017年1月始まりダイアリーです。

メインページは、一覧しやすい月間ブロック。和歴(平成年)、六曜、主な朔望(月の満ち欠け)も入っているので、ビジネスにも便利に使えます。

上のカバーと合わせ買いで一緒に持ち歩くことができますよ。

色はシルバー、ブラック、ゴールドの3色です。価格は1296円(調査時・税込み)でした。

 

 - 通販サイト