アースデイだからGoogleマップのペグマンが葉っぱを持っている

      2017/06/01

ペグマンが葉っぱや風船を持っているのはなぜ?

こんにちはRenです。

秋田県の人口が100万人を割ったというニュースを聞いて先ほどから秋田のことをいろいろ検索しているんですが、そうこうしているうちに、Googleマップのペグマンがいつもと違っていることに気が付きました。

ペグマンとはストリートビューの地図上に下ろすあの黄色い人形のことです。

彼が今日は葉っぱらしきものを持っているんですよね。

なんだろう新機能だろうかと検索してみても情報がありません。

方向を示す矢印とも違うし…。

でも検索結果を見ていて突然はっと気づきました。

今日4月22日はアースデイなんですよね。

なるほどそれでか。

この葉っぱ、ペグマンをぶらんぶらんさせたりマップに落とすときにひらりとアニメーションする以外に、特に付加機能的なものはないようです。

ただ持ってるだけ。

でも今日のためにこれを実装した人がいるわけですよね。

現状ではネットに情報がないので、ここに僕がレスポンスをしておきましょう。

確かに見届けました。

 

ところで秋田県の若者はどこで遊んでいるんでしょうか

さっきからそれが知りたいんですよね。

検索したらイオンって言ってる人がいたんだけど、イオンなのか?

AEON(あえおん)と書いてイオンなのか?

Googleマップの3Dで表示した秋田市街。

なるべく都会に見えるようなアングルで表示してみました。駅前のビル街は割とゆったりしていて、土地は広々としている感じがします。

でも一人暮らし向きの1LDKなどはそんなに安いわけでもない模様。

駅からさらにバスに乗るような物件が多いのは、車社会だからだろうか。

まあ車があれば遊ぶところは駅近じゃなくてもいいですよね。

 

追記・こんどは風船を持っています

追記です。

今日6月1日のペグマンは風船を持ち、よく見ると三角帽子のようなものも被っているようです。

調べてみると今日は国際子供の日(International Children’s Day)ということなので、たぶんこれなのかなと思います。なかなか遊び心がありますね。

 

 - 一覧・まとめ