LED投光器の明るさ比較とおすすめショップ

   

LED投光器の明るさはどんなもの?

LEDの投光器は、屋外用のハンディな照明として、夜釣りなどのレジャーや看板のライトアップなど多用途に利用されています。

多くは防水(防滴)仕様になっていて電源もコンセントのほか乾電池式や充電式のものなどがあり、屋外での照明の状況に応じて使いやすいものを選ぶことができます。

この記事では、LED投光器の明るさを比較しているウェブサイト・動画や、個人でも利用しやすいショップを紹介します。

 

投光器の明るさ

W数やルーメンの数字はともかくとして、実際に使用したときの明るさはどんなものかという点が、初めて投光器を選ぶときの最大のポイントだと思います。

ここではその参考になるページやYouTube動画を紹介します。

 

投光器選びの参考になるページ

以下のYahoo!ショッピング内のまとめページに、LED投光器の10Wから200Wまでの8段階を比較した画像があります(室内での比較です)。

 

また、次のページでは、LED以外も含めた各種投光器の明るさとW数・ルーメンによる屋外での比較を見ることができます。

LEDやハロゲン、水銀ランプなどを、道路の1車線を挟んだ7mの距離から投射して比較した画像の一覧です。

それぞれの機種ごとの詳細ページにいくと大きい画像が見れるので、実際に屋外で仕様するときのおおよその感じがつかみやすいです。

明るさのほかに、製品によって色合いや照射範囲(角度)が異なっているのも気を付けるべきポイントだということがわかりますね。

 

YouTubeには動画もありました。

小型のものを複数運用するのも小回りが利いてよさそうですね。

 

LED投光器ショップ案内

利用しやすい楽天市場のショップから数店舗を取り上げてみます。

 

GARAGE COLLECTION

LED投光器を扱うショップは多数ありましたが、レジャー用などの個人使用でいうと、条件に合う投光器を最も見つけやすそうなショップのひとつがこちら。

商品ページでは、先ほどの室内での明るさ比較と同じ画像が使われていますね。ページの作りも一緒なので、yahooにも楽天にも出店しているショップのようです。

「LED投光器」のカテゴリの下に、薄型タイプ・フラット型タイプ・人感センサー付・スタンド式・昼光色・電球色など特徴別に10以上の小カテゴリに分けてあって、わかりやすいです。

各機種についているユーザーレビューも数が多いので、参考にできる生の情報が多いですし、商品の価格もお手頃なものが大半です。ハンドル付きスタンドや三脚なども購入できます。

投光器のカテゴリはこちら。

 

三島株式会社楽天市場店

個人レベルで使う投光器なら三島株式会社さんのショップもおすすめ。

投光器・充電式投光器・センサー付き投光器などの小カテゴリに分かれています。

レビューがついた商品もそこそこ多いので参考になるでしょう。

投光器のカテゴリはこちら。「作業灯」のカテゴリにも使えそうな投光器が多数あります。

 

照明ライト専門タカラshopあかり館

楽天で最も投光器の取扱数が多いショップがこちら。関連機器も含めて1700以上の品数があります。

ただそれだけに、欲しい機種の見当がついていない状態では、1機種に決めるのが大変そうではあります。

取り扱い商品はパナソニック、岩崎電気、東芝ライテックなど一流メーカーのものが中心で、価格も高めです。

ショップの商品説明もカタログ画像と詳細スペックが主で、ある程度知識のある人向けと思われます。

レジャー用というよりは業務で使うためのしっかりしたものが欲しい方におすすめです。

投光器単体のカテゴリがないので、検索ボックスに「投光器」と入れて検索してみてください。

 

 

 - 通販サイト