ダイソーの400円ルームブーツMサイズ26cmは外寸! では実際のサイズは?

   

ダイソーのルームブーツ(M)を買ってきた

ダイソーで暖かそうなルームブーツを見つけて、どう見ても表示の26cmはなさそうだけど…、と思いつつも買ってきました。税込み432円。えんじ色でサンタの靴みたいです。

帰宅して履いてみると、少しきつい。あーやっぱりか。ぎりぎりです。

僕の普段の靴のサイズは24.5cm。24.5cmだと、このルームブーツは履けることは履けるけれど裸足でもきつめなサイズ感。24cmの人でもぎりぎりかな。25cm以上の人は靴の中で指が曲がると思います。

幅はともかく前後が詰まっていて、椅子に座っている分にはよくても、これを履いたまま家の中を歩きたくはない感じです。もう少しだけ大きければな…。

 

実サイズを測定した

実際のサイズはどんなものか、コンベックスを中に入れて測ってみました。

コンベックスとは建築とかで使う、金属製の折れ曲がるメジャーですね。

結果、22.5cm前後。

小さいわけだ。

じゃあ表示の26cmって何だ、と思って外側を測ってみたらこれがちょうど26cm。あっ、外寸なのかい!

普通靴のサイズを外寸で表示しないだろう…。そう思ったら、そもそも靴のサイズってなんだ? という疑問に突き当たりました。

 

靴のサイズと実際の足の長さとは違う

一般的な靴のサイズは、どうやら足の実際の長さプラス捨て寸だと思っておけばいいようです。

「足 実寸」で検索して以下のページを見つけました。

ページをスクロールして「シューズのサイズ表」というところに、足長の実寸とシューズのサイズの対応表があります。

これによると足長の実寸22.5~23.0cmの人の適切な靴のサイズが24.5cmとなっています。

だから、普段24.5cmを履いている僕の足は、このダイソールームブーツの内寸22.5cmにちょうどぴったりのサイズということになります。

実際のところもう少し余裕が欲しいくらいですが。

つま先きっちゃおうかしら。かかとに縦に切れ込みを入れるといいかもしれない。

 

収納サイズ!

ダイソーのタグに書かれている26cmというのは、一般的な靴のサイズでもなければ足の実寸でもなく、ほとんど何の参考にもならない数字ということになりますね。

うーん、しいて言うなら、収納するときの棚の奥行きってことかな?

 

座って使う分にはよいものでした

もう一つ気づいたことは、このルームブーツ、インソールの幅が狭いように感じます。

外から見ても中を覗いても、見た目には特に細くは見えない。でも履くと中敷きが細い感じ。足の横がはみ出る感じがします。

これはインソールのもこもこが分厚くて、薄いかまぼこ型になっているせいじゃないかと思います。

僕が男性だからそう感じるのかもしれない。でも女性でも最初は幅が狭く感じるんじゃないかな。何日か履いて潰せば、足になじんでくるでしょう。

 

暖かいから許せる

履いているとさすがに暖かいです。僕はこういうのを使ったことがなかったので、432円でいいものを買った気分です。

現在は机に向かって作業するときだけ履いています。これLサイズはないんだろうか。男性にも足が冷える人は多いのに。こんど見つけたら買うことにしようと思います。

 

 - 使った感想