CROOZblog(クルーズブログ)マイナーブログの今 その5

   

ブログ

こんにちはRenです!今日はCROOZblog(クルーズブログ)を紹介しようと思います。マイナーブログシリーズの第5弾です。

CROOZblogはこれまで見てきたブログと違って、今が旬、もしくはこれから旬を迎えそうな若いブログでしたよ。

 

CROOZblogは別世界の入り口だった

まずはトップページのキャプチャがこちら。

クルーズブログ
CROOZblog(http://blog.crooz.jp/)

 

これだけ見ても新しめのブログだなとわかりますよね。トップ画面をピックアップブログのアイキャッチ画像がスライドしていきます。

その下のガールズリサーチプレス(GRP)というところに、雑誌の専属モデルとか読者モデル?の最新ニュースがフィードされているようなんですが、そこに出てくる人たちを僕は残念ながら一人も知らないので、まずちょっとした異世界感があります。

僕が見てていいんだろうか、と思いつつ見ていきます。

 

  • さくりな・あゆ似のSYURI、出産を報告!
  • AI、ブスメイク時代を公開!
  • ぺえと同居中のへえ、ハイトーンにイメチェン!

ぺえと同居中のへえって字面が、ほんと自分の全く知らない世界って感じでとてもいいです。ぺえと同居中のへえ。

ぺえ? へえ?? ほう…、Who?

 

ファッション系アメブロと思えばそう遠くない

PIC UP BLOGをすべて見るというリンクをクリックすると、人気ブログのランキングのリストのページが開きます。アメブロっぽい。

その一つを見てみました。すると、こんなページが現れました。

 

プロフィール写真

広告

広告

広告

広告

 

おわり。

あれ?文章はどこだ?

ブログタイトルはあるのに記事の中身がありません。もう一度最初から見ていくと、「最新記事を購読」というリンクがあって、メールアドレスを登録すればその日の記事が読めるようになっていました。

さすがにそこまでして読もうとも思わないのでそれを閉じて別の人のページに移ると、そこでもまた似たような構成。

ここってメルマガみたいな仕組みのブログサイトなのかしらと思ったのですが、よくよく見ると過去記事にはメールなしでも読めるものがあります。

まあ結局その記事も半分以上広告なんですけどね。

記事内容は写真日常の短い報告がほとんどでした。

なかにはコメント欄を開放していて、ファンの濃い書き込みが読めるブログもあります。なんかやっぱりアメブロっぽいんだよなーって感じがします。ファッションに特化したアメブロって感じ。

でももっと、普通の人が書いてるブログはないのかな?

 

10代後半から20代前半の女性が多いブログ

CROOZblogが特徴的なのは、左サイドバーにある「年齢から探す」の項目ですね。

まず「15歳以下」があり、次に16歳から24歳まで1歳きざみでリンクが別れていて、「25歳以上」で最後になっています。

つまりCROOZblogは対象が明らかに若い女性(トランスジェンダー含む)のブログなんですね。

この年齢別のリンクから入ると、ようやく一般人のブログにアクセスすることができます。PIC UP BLOGのほうは有名人だけなんだねきっと。

その一般人のブログをいくつか見た僕の感想は、結局どの年齢でもやってることほとんど変わらないじゃん!でした。なぜこれほど細かく年齢で区切る必要があるのか不明です。同世代を探しやすいようにかな?

 

その昔、ヤンママという言葉がありました。若くして結婚して子を授かって、価値観の中心が家族と友達という半径の狭い彼らのライフスタイルが、ややもすると揶揄されがちだったのをあなたも覚えているでしょう。

そのヤンママの洗練された現代版のような人たちがCROOZblogにはたくさんいました。

僕はこういう人たちが結構好きなんですよ。

近年はマイルドヤンキーと呼ばれたり、それさえされなくなって今やほとんど不可視化されている彼らは、実は地域社会の主な担い手だし、そんな役割評価をしなくたって、みな普通のまっとうな人間です。

CROOZblogでは、学生やらタレントやらコスプレイヤーやら風俗嬢やら、いろんな(主に)女性が、旺盛に日常系記事を投稿しています。

もちろん「ヤンママ」もいるしゲイもいるし、病んでる人もいます。

僕はそういう一人一人の個別具体的なライフを十把一からげにして単一のわかりやすいイメージをおっかぶせてメディア上で消費するようなことに、いつもイラっとくる気持ちがあるんですよ。

一人一人を個別に見ろ、と思います。

だいたいこのマイナーブログシリーズはそんな「いろんな場所にいろんな人のいろんな生活がある」ことに感慨を覚えて始めたシリーズでしたからね。

CROOZblogもそういう意味で、僕にとっていいものを見せてもらえたブログサイトでした。

 

CROOZblogの運営会社

CROOZblogは六本木ヒルズ森タワーに住所を置くクルーズ株式会社というところが運営しています。

六本木ヒルズですか。

っぽい。

事業内容は主としてファストファッションのキュレーションとソーシャルゲーム、そしてファッション系のECショップ。

ファッション寄りのDeNAってイメージであってるかな?

運営しているSHOPLIST.comは、トップページを見た感じ、服に特化した楽天って感じのショッピングサイトですね。

メンズ服のカテゴリーには、JIGGYS SHOPとかARCADEとか、楽天にもある(そして僕もたまに買う)ショップが並んでいます。

個別のページに入るとむしろZOZOTOWNとかAmazonのページの作りに似ています。

楽天とZOZOTOWNとAmazonのいいとこどりのデザインになってますね。

アドレスはこちら。
http://shop-list.com/

 

楽天とかAmazonで服を買うにあたって使いにくいポイント

余談になるけれどついでなので、最後にここで服のショッピングサイトとしての楽天とZOZOTOWNとAmazon、それぞれの悪いとこを書いておきましょうか。

あくまで僕が感じる使いづらいポイントなのであしからず。

まず楽天は、検索すると別のショップの同じ商品がいくつも出てきて邪魔なところとか、ひとつの商品ページが長すぎて必要な情報が探しづらいところとか、ページ遷移しないとカスタマーレビューが見られないところとか、そもそもページが重いのがよくないです。

ZOZOは個別商品のレビューが運営側からのものしかないのが欠点です。

Amazonは着丈・袖丈などのサイズを書いてない商品が結構あったり、書いてあってもその場所が一定しないのがマイナスです。

まあそういいつつ、僕は楽天もAmazonも好きでよく使ってるんですけどね。ZOZOは使ったことないけど、好きなるが故に欠点がもどかしいってことで、よろしゅうお願いいたします。

 

CROOZblogまとめ

今回はマイナーブログ探訪の第5回として、CROOZblogを紹介しました。いかがだったでしょうか。

これまで見てきたマイナーブログとは違って、比較的新しめのブログサイトで、ユーザーも若い人がメインでしたね。ただかなり企業色が強くて、顧客囲い込みの姿勢が感じられる部分もありました。

昔ブログを書いているタレントがステマと呼ばれて一時期干されたりしたのは何だったのかと思うくらい、広告も多いブログです。

でも多様な人の多様なコミュニケーションツールのひとつとして、SNS以外にこういう場が今後も続いていくといいなと僕は思いましたよ。

 - ブログ