ぶっとびねっとほか マイナーブログの今 その3

   

ブログ

日常報告系ブログサービスをはしごしてみた

こんにちはRenです。きょうもマイナー系ブログサービスをいくつか覗いてみましたよ。

その中で紹介してみようと思ったのは、ぶっとびねっとソフトンハウスeoブログの3ブログ。どれも日記を書いているユーザーが多い、昔ながらのブログです。

このうち僕が名前に聞き覚えがあったのは、最初のぶっとびねっとだけ、しかもレンタルサーバーとしてだったかな?

あとの2ブログはどちらも今回初めて出会ったブログでした。みなさんはどれか知っていましたか?

 

ぶっとびねっと

ぶっとびねっと

まずはぶっとびねっと。新着投稿を見ると、3時間半で8記事、前回紹介した「のブログ」と同じくらいのゆったりしたペースで記事が投稿されています。

アクセスランキングの1位がFX商材のアフィリエイトブログ、2位と3位も普通の個人ブログなので、数多くのユーザーを集める人気ブログはないっぽいです。

ランキング20位以内に鉄道写真ブログが3つあったので、見比べてみました。

素人からはどれも同じように見える鉄道写真にも、比べながらよく見ると、人により独自のスタイルがありますね。明らかに型式に関心がある人もいれば、わざと列車が木立の向こうを横切る場面をとらえる構図優先派もいます。

「WindowsVista用ガジェットもあるぉ」というバナーがいいです。まだあるのかぉ。

あとは毎日豆腐を食べている人のブログが、本当に毎日豆腐を食べていて面白いです。

 

ソフトンハウス

ソフトンハウス

トップページの見た目が個性的なブログだったので紹介します。

ソフトンハウスは福島県の会社が運営しているようですね。震災の時のブログ復旧の報告も残っています。

左カラムの「キャラクター紹介」を開くと、ソフトン、ソフにゃん、レッドぶぅをはじめとするキャラクターの設定もあります。このキャラクター一覧に出てくるハブリンが管理人らしい。

はっきりとは言えませんが、あちこち読んでみたところ、基本的にこの方が担当者として1人で管理しているのではないでしょうか。

なんだかブログ全体がこのハブリンさんの個人サイトっぽい雰囲気なのです。

ブログ全体でも平均すると1日1記事くらいしか投稿がなく、しかも2,3人でその半分以上を占めています。

普通この状況だと大抵のブログサービスは続かなさそうなんですが、このソフトンハウスは安定して今後も続いていきそうな気がします。担当者の気持ちひとつで生きてるブログって感じがするんですよ。生きてるか放置されてるかは微妙ですけど。

 

eoブログ(イオブログ)

イオブログ

イオブログは関西電力の系列会社のケイ・オプティコムが運営する無料ブログ。

現時点では、2時間に12ほどの新着記事があり、今日の3つのブログの中では最も活発に活動しています。

ジャンルも日記その他・グルメ・スポーツ・ペット・音楽など、24のカテゴリに分けられていて、トップから興味のあるブログを探してみるのには便利です。

でも、このイオブログも今年2017年3月31日で終了してしまいます。

ユーザーはそこそこいるのにね…。

しかも子育てカテゴリがあるように、貴重な若いユーザーも少しはいるのに(「のブログ」もぶっとびねっともソフトンハウスも子供は全然いなかった)。

これも時代の趨勢でしょうかね。

でも書きためたブログのアーカイブツールを提供したり、ほかのブログへのお引越しサービスを案内していたりと、ブログの閉め方としてはかなり丁寧な部類だと思います。

今回読んだ中では、山登り(クライミングに近い岩登り)をして、大岩の頂上でお茶を点てている美容師の方のブログが面白かったです。あの茶道のお抹茶のお茶ですよ。あれをお湯を沸かして漆塗りのお椀でたてて、薄皮饅頭なんか食べています。もう白髪頭の人なんですけど、パワフルです。

アウトドア系の記事を書いている人ってシニアの方が多いですよね。特に山方面はそうです。

かと思えばヨドバシカメラで孤独老人が若い女性店員を捕まえて話し相手にしていたという別の方の記事もあったりするんですが。

 

マイナーブログの今 その3まとめ

ここ数年はSNSに押されるように次々に小規模ブログが閉鎖されていき、現時点でも、終了時期の予告が出ているブログがちらほらあります。

3番目に紹介したイオブログも3月いっぱいでの閉鎖が決まっています。

 

今回、3つのブログを回ってみて、ブログの存続はユーザー数の多寡で決まるのではないらしい、という個人的な感慨がありました。

結局、運営する側のモチベーションが決め手なんですよね。2000年代初頭からのブログの時代は終わりつつあります。少なくとも黄金期は過ぎています。

そんな中で法人としてブログになにを期待するかという部分で、ユーザー数や収益性がそのコアとして不可欠なら、終了を考えるのはわかりますよね。無理もないことです。

でも一方では、ソフトンブログのように今後もゆるく続いていきそうなブログもあるわけです。そこになんとなく、経済性を離れた領域で個人や個人ブログがなにかをできる可能性が示されているような気が、僕にはしました。

 

今日は北海道でも北陸でも大雪を記事にしている人が多かったですね。僕のところでも、雪こそ降っていないもののかなり寒くなりました。みなさんも体調にお気を付けください。ではまた次回。

 - ブログ