始めたいスポーツ ブログネタその71~80

      2017/04/01

ブログ

ブログのネタなにかないかな・その8回目

書くことないけど更新だけはしたい。そんな日のブログや日記のためにお題を提供するコーナーです。

というかもう、僕自身が調べ物なしで簡単にブログを書いてしまうための便利なシリーズになっております。

10個のお題を読んでそういえばこんなことあるな、あったなと思ったら、それについて書いてみよう。

 

 

71.住居の話

住んでる部屋や家のいいところ、不満なところ、ぼろくなってきた部分などはブログのネタになりますね。

次に住みたい部屋の物件選びで重視したいポイントとかも書けます。

僕の場合は、次住む部屋の駐車場に屋根があれば、古い車や幌のオープンカーでも乗れるなあと夢想しています。

欲を言えばガレージ付きの家に住みたいんですけど。

 

 

72.始めたいスポーツ

昔より瞬発力が衰えてるって前にもどこかで書いた気がしますが、体の柔軟性のほうもなくなってきている気がします。

何年か前に「きくち体操」という柔軟体操的なことをやってみたことがあって、それによるとおばあちゃんでも体が柔らかくなるという触れ込みだったんですが、僕にはダメでした。

誰でも180度開脚できる本ってのもあるみたいだけど、これも俺には効くまいというマイナスの自信があります。

だからこれから始めるとしたら超初級のヨガとかリハビリレベルのストレッチかな。それがスポーツなのかどうかはわからないけど。

 

 

73.おすすめの新商品

新しい製品が出るとすぐに試してみる流行に敏感な層を「アーリーアダプター」というそうですね。

自分がそうだという自覚があるなら、ブログに新製品のカテゴリを作ってもいいですよね。コンビニの新製品を食べて感想を書くブログは結構あります。

僕は似たような製品が出そろってからあれかこれかと人の話を聞きながら考えるタイプで、先のマーケティング的分類でいうと「レイトマジョリティー」という層に属していると思います。

なのでブログの商品紹介にも、そんなああでもないこうでもないという傾向が現れています。

 

 

74.好きな絵・好きな画家

好きな作家やミュージシャンのことは話題にできるのに、画家となるとあまり人と話すことがないのは、その情報や魅力が言語に乗せにくいからでしょうか。

でもなんとなく好きな画家や絵ってみなさんなにかしらあるんじゃないですか?

昔はラッセンとかをよく見かけましたし、さらに前はセザンヌ、モネなんかが人気があったようです。いま人気のありそうな画家というとフェルメールや、ちょうど今来ているミュシャとかかな。若冲とかも。

ここで僕が好きな画家について書こうと思ったけど、実際語れるほどでもないんだな。ブリジット・ライリー。いま検索してまだご存命なことに驚いたくらい。

これをPCの壁紙にして仕事をしてるとめまいがするかも。

 

 

75.こんな人を尊敬する

尊敬する人を問うことにも実際あんまり意味がないと思うんだけど、「両親です」とか答えるのもどうなのかなと思ってしまいます。親とかは別枠でいいんじゃないですかと。

あらためて考えてみると、僕にとって尊敬できる人はもちろん周囲にもたくさんいるけど、あえて尊敬する人として名前を出したい人となるとあまりいなかったです。著名人でも同じでした。

これは僕が他人を尊敬する心をなくしたということではなくて、大人になった今では、子どもの頃に偉人を見ていた目線とは尊敬のありようが違っているということだと思います。

今は、あえて言えば、1分間の心拍数が少ない人を尊敬します。なんとなく。

 

 

76.落ち込んだときの対処法

人はひどく落ち込むと自分の腕を切りつけたり服を着たまま風呂に入ったりするものですが(するのか?)、そうなる前にできることはなんでしょうか。

寝る、飲む、食べるがまずあります。音楽を聴くとか動画を見るとか、(僕にはいないけど親しい友達がいれば)LINEしたりもいいでしょう。

朝まで夜の街をさまようってのもあるけど、若い人がこれをやると二十歳すぎてても補導されかけるので良し悪しです。

だれが作ったのか昔見たAAで「どんなに落ち込んでも、おいしいものをたくさん食べてうんこをすればなおるよ!」みたいなのがあって、僕はそれがとても気に入っています。

そうかおいしいものをたべてうんこか、と思い出すだけで気力を少し取り戻せる気がします。

 

 

77.虫の話

近所に空き地でもあれば夏の夜には虫が鳴きだします。

大人になって縁遠くなってしまった昆虫について書いてみよう…と思ったけど、そう言ってる僕自身に書けることがあんまりないな。

PCの前にいるなら、少し検索してみてチョウの名前を覚えたりするのはいいかもしれない。春になって見かけるチョウの種類や生態がわかると楽しいだろうし。

去年は何年かぶりで蛍を見ました。でもことし出会う昆虫で一番多いのはやっぱり蚊だろうな。

 

 

78.タイミングを逃した話

きょうの昼ごはんのタイミングを逃した、お花見のタイミングを逃した、それくらいならいいけれど、あの時あれができなかったせいで人生狂ったみたいなことも、探せばひとつくらいあるかもしれません。

逆にそれで別の人生が開けたという話のほうが書きやすいかな。

卒論の提出のタイミングが危なくて卒業が一年遅れかけたとかはありがちです。

そういえば、僕は大学の最初の授業登録の日になぜか学校に行きたくなくて、それが4年間尾を引いていた学生生活だったな。もう少しで5年通うところだった。

あと、初対面の人と親しくなるタイミングはわりときっちり逃すタイプでもあります。

 

 

79.修理した・直して使ってる

修理の得意な人っていますよね。twitterでも古い自転車(実用車と呼ばれるもの)をレストアして甦らせたりしている中学生のアカウントがあって、いつも興味深く拝見しています。

古いものを修理して使い続けるのは、思い入れも技術もないとなかなかできることではありませんよね。

僕が昔乗ってた車も、あちこち修理しながら乗っていました。もちろん工場でしてもらってたんですが、今はそれを自分でできるスキルが欲しい。

いま自力で修理して使ってるものは、靴(靴底を接着した)と家用の眼鏡(取れたつるをひもで結んだ)くらいかな。

 

 

80.SNSに疲れることもあるよね

僕はtwitterユーザーですが、たいしてつぶやきもしない鍵アカウントで、ほぼ読むだけです。

最近の政治の混乱ぶりなども人の意見を読んでる分には面白いですが、内実は各方面からの汚い言葉も飛び交っているわけで、実際書いてる人らはどれだけ鉄の精神を持ってるんだろうと思います。

僕は知らない人から不躾なメンションを貰うのは怖いです。

毎日あまり変化のない生活をしているというのもあるけど、facebookのリア充演出も僕には無理だな。演じるならむしろ逆方向への偽装をしたい。リア充の逆(はなんて言うんですか?)をコンセプトにするなら、面白がって書けそうな気がします。

 

ブログネタシリーズの関連記事

 

 - ブログ